青柏祭の曳山行事
七尾市の大地主神社(山王神社)の例大祭で、青柏の上に神饌(神にお供えする飲食物)を載せて奉納します。
狭い路地で日本一大きな曳山「でか山」3台を曳き廻します。訪れる人も曳くことができる参加型の祭りです。
でか山のはじまりは、都の祗園山鉾にならって文明5年(1473)国祭りの青柏祭に曳山(山車)を奉納したのがはじまりと伝えられています。

祭りの見どころ

point01

日本一のでか山

形は上が広がった末広型で、高さは約12メートル、車輪は約2メートル、重さは約20トンの巨大な山車です。
山車の上段に飾られているのは、歌舞伎の名場面を再現した舞台と、人形飾りで存在感のある豪華な見栄えになっています。

point02

辻廻し

てこの原理を使い、でか山の前輪を浮かせ、重さ約20トンのでか山を一気に方向転換させます。
家々の軒先すれすれに回る様子は迫力満点です。

point03

七尾まだら

手拍子のみで朗々と歌われる厳粛な祝儀唄です。
曳き納めででか山を納めた後披露されます。
古来船乗りの祝儀唄として歌われていた七尾まだら。
独特の抑揚と振り付けに思わず見入ってしまいます。

和倉温泉お祭り会館

各会館の写真

会館基本情報

入館料 ※観光情報エントランス(無料)展示ホール(有料)
一般800円・小中学生400円・幼児無料
団体(20名以上)
一般720円・小中学生360円・乳幼児無料
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 第2・第4水曜日
年末年始(12月29日から1月3日)
TEL 0767-62-4332
備考 駐車場は普通車(軽自動車)89台、大型車5台。

七尾市を代表する4つの祭り「青柏祭(国重要無形民俗文化財、ユネスコ無形文化遺産)」、「石崎奉燈祭(日本遺産)」、「お熊甲祭(国重要無形民俗文化財)」、「能登島向田の火祭(県無形民俗文化財)」を中心に、祭り文化と歴史を紹介しています。
体験ゾーンでは、大スクリーンを使用した映像と音による演出で、祭りの迫力・臨場感を体感できます。
実物大の「でか山」や「奉燈」なども展示しており、歴史文化解説コーナーでは実際に使用された祭り道具や準備風景の映像なども楽しめます。

祭りの概要

開催期間 毎年5月3日・4日・5日
開催時間 5月3日21時~5月5日23時30分
会場名 大地主神社、七尾市内中心部
住所 石川県七尾市山王町1-13
詳しくはこちら

諸注意

見物者がでか山の大きな縄を引っ張る事も出来るので、参加されたい方は、軍手をご持参下さい。

臨時運行交通規制などについて

当館付近の道路も混雑が予想されます。当館駐車場が満車の場合はおそれいりますが、近隣の無料臨時駐車場をご利用くださいますよう、お願い致します。

パンフレットダウンロード(PDF)

周辺観光はこちらをチェック!

高岡御車山祭 旅々なんと日本語サイト 春の高山祭 秋の高山祭 飛騨市公式サイト飛騨の旅

高岡御車山祭の詳細

高岡御車山祭

古川祭の詳細

古川祭

青柏祭の詳細

青柏祭

城端曳山祭の詳細

城端曳山祭

高山祭の詳細

高山祭

©Hida Etchu Noto Economic Tourism Association